沖で待つ (文春文庫)

沖で待つ (文春文庫)

  • 作者: 絲山秋子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 文庫
  • 購入: 3人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (59件) を見る
 

 

表題作の「沖で待つ」と、「勤労感謝の日」の短編二編収録。

私は「勤労感謝の日」のほうが好きだった。

36歳の無職の女性が、ろくでもない男とお見合いして、その後渋谷で元職場の後輩と飲み、近所の居酒屋でまた飲む話。筋なんて追ってもしょうがない。

とにかく、この主人公は終始苛々している。冒頭から、

何が勤労感謝だ、無職者にとっては単なる名無しの一日だ。それともこの私に、世間様に感謝しろ、とでも言うのか。冗談じゃない。

とキレている。そのキレようはなかなかすさまじく、しぶしぶ受けたお見合いの席で相手の男性をけちょんけちょんに(心の中で)貶すシーンは、読んでいて笑ってしまう。

その後、主人公は目についたものに手当たり次第怒りをぶつける。確かに体調が悪い日にはこんなになるなーと共感するが、この主人公の場合、苛々の原因はいろいろあるだろう。必死で働いてきたのに報われないし、かすみたいな男に品定めされるし、世の中クリスマスだし。

しかし、主人公の人生の目標について聞かれると、彼女は「長生き」と答える。

別に長生きをしてなにがしたいわけじゃないけれども、私は死ぬのがイヤだ。まして人より早く死ぬなんて勿体ない。

よくわからない。この人、見るからに楽しくなさそうなのに。「早く死にたい―」とか言いそうなのに。

でも、「勿体ない」というからには、どこかでこれからの人生に対して少なくとも期待はしているのだろうか。そういうわけでもなさそうだけれど。

私は無意味に人生を長引かせるだけなら、後腐れなくすぱっと死にたい。いや、意味があるかないかは後になってわかるのかな。よくわからない。

とにかく、彼女は「何か釈然としない。何もかも釈然としない」と、不満を持ちつつ、愚痴を垂れ流しつつ一日を終える。でも最後は、すこしだけ人に感謝して。

なんだかんだ言いつつも、彼女は人生を楽しんでいるような気がするけれど、たぶん気のせいだろう。

 

バーチャルオフィスって言う仮想の空間ではないんだけれど、住所を貸してくれるサービスがあるって知ってた?インターネットで仕事をする方だと、自宅でできてしまうんだけど、自宅の住所を公開するのに抵抗があるって方によく利用されているようだよ!

今日は天気がいいから、家の窓拭きでもしたいものですね。でも、最近の撥水加工された窓があるハウスメーカーどこでしたっけ?パナホームでしたっけ?違ったかな?撥水加工だったら雨で汚れが流れちゃうから掃除も楽チンなんだろうね。羨ましいな~

昨日のドラマは面白かったね♪テレビの前に貼り付けられたように動けなかったよ^^;いったい視聴率はどれくらいいったのか・・・。

家のトイプードルのトリミングなんだけれど、最近上手かった人が辞めてしまって上手にしてくれないんだよね!今度、一度違うトリマーさんの所に行ってみようと思っているんだけれど、大丈夫かちょっと心配。

消費税増税の動きが止まりません。低所得者に年間1万円の支給が提案されているようですが、はたして今後どのように進んでいくのやら・・・。


今日は残業が確実にあるだろうな~ 一生懸命しているんだけれど、なかなか仕事が片付かない^^; 要領が悪いというか、根本的に忙しいんだけれどね^^; でもできるだけ早く終われるように頑張ろう!
明日は休みだから溜まった洗濯物を洗わないとね!でも、最近洗濯機の調子がイマイチなんだよね。嫁さんも新しい洗濯乾燥機が欲しいとせがむんだよな~時間があったら電気屋さんにでも行ってみるか。
水の宅配には、サーバーのレンタルか、サーバーを購入するタイプかがあるようですね!ウォーターサーバーも冷たい水や熱いお湯が直ぐに出るように、常に電源供給をしているようなので、1月に約1000円くらいの電気代が発生するようだよ^^;
積水ハウスグリーンファースト ハイブリッドって知っていますか?
エネルギーを生み出す住宅としてCMでも話題ですよね!これからの新しい住宅のあり方なのでしょうか?




佐藤優さんと池上彰さんの以下の著書を読んだ。

お二人の情報収集力と扱い方には、脱帽する・・・。

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

  • 作者: 池上彰,佐藤優
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

それはそうと、僕は本を読む時にいつも心がけていることがある。

それは、必ず一冊の本から、何か実践できることをひとつだけ見つけることだ。

本のに内容によっては、10個も20個も素晴らしいことが書いてあることもある。

しかし、やろうとすることが多すぎると、結局なんにも実践できなかったということになりかねない。

であれば、何か一つでいいので、すぐに実践できることを見つけるべきだ。

なので、どんな本を読む時も、実践できること1点を必ず見つけることを意識しながら読んでいる。

で、今回は、佐藤優さんが言っていたことに注目した。

それは、「新聞は紙よりも電子版の方が速く読めるので、電子版を読んでいる」という部分。

しかし、なぜ電子版の方が、紙よりも格段に速く読むことができるのか、明確な理由は記載されていなかった。

深く追求する部分ではなかったのかもしれない。

効率主義者の僕にとっては、今よりも効率的になることであれば、なんでもすぐに取り入れる主義だ。

なので、この部分が非常に気になった。

現在僕は、僕の地元である秋田県の秋田魁新報の紙と電子版を購読している。

f:id:takashifujikawa:20170215053224p:plain

 

ちなみに、僕が秋田魁新報を購読している理由は以下のとおり。

 

紙と電子版、当たり前だが、見た目は同じ。

違うのは、秋田魁新報の場合、電子版には広告が表示されないということぐらい。

f:id:takashifujikawa:20170215044416p:plain

電子版にクライアントの広告を掲載しない理由がわからないが・・・。

紙と同じように掲載した方がクライアントは嬉しいのでは?

更に、リンクURLが貼れるので、このご時世、クライアントにもユーザーにもメリットしかないのだが・・・。

論点がズレるので、話を元に戻す。

で、紙と電子版、どっちが速く読めるか実験してみた。

で、結論。

電子版の勝利!

間違いなく、格段に電子版の方が速く読めた。

以下のとおり、理由を列挙する。

  1.  紙を手でめくるスピードとipadを指でめくるスピードは、iPadの方が速い。
  2. 紙はB3サイズだが、iPad miniはA5サイズなので、一瞬で視覚に入るのはiPadである。つまり、見出しを一瞬にして見れるのはサイズが小さいiPadである。
  3. 新聞の読み方の基本として、見出しで判断するというのが鉄則。iPadなら見出しで気になったところをズームインして拡大してすぐに読むことが出来る。

以上の理由から、明らかに電子版の方が速く読めた。

今まで意識していなかったが、この結果から言えることは紙の新聞は不要ということ。

それは、新聞そのものがいらないということではない。

新聞は信憑性の高いメディアとして絶対に必要だ。

いわゆる新聞社のネットサイトだと、見出しの強弱が弱いし、全体が見れないので、僕にとっては非常に見づらい。

見づらいというか、見る気が失せてしまう。

f:id:takashifujikawa:20170215050426p:plain

やはり、いわゆる新聞の縦書きが僕には合っている。

なんていうか、新聞記者がちゃんと書いているという感覚があるというか・・・。

ネットニュースのように横書きだと、僕レベルでも記者として、書けるんじゃないかって思ってしまう。

完全なる個人主観だろうが。

ネットニュースは軽い感じがして、新聞の縦書きは信憑性があるというか・・・。

古い人間かな(^O^;)

あと、ネットニュースだと、細かく全部の情報は網羅できないというのと、自分が好きなものだけしか情報として取得しないという危険性がある。

だから、僕は新聞をひととおり読むことにしている。

残念なのは、価格設定である。

秋田県内在住の人は、紙の料金3035円+電子版324円=3255円。

秋田県外在住の人は、電子版3500円。

よくわからないが、秋田県外の人が電子版を読むためには、秋田県内に住んでいる人よりも高い(^O^;)

しかも、紙と電子版を合算した3255円よりも、電子版のみなのに3500円という謎の料金設定(^O^;)

これだと、購読者は伸びないだろう・・・。

ただでさえ、新聞の購読者数は全国的に毎日、減っている。

いまいち、新聞各社の切迫感が感じられない。

ガストとかに行けば、読売新聞が各テーブルに置いてあり、購読者を増やすプロモーションをしている。

日経新聞も1ヶ月無料とかキャンペーンをよくやっている。

いつも、思う。

感覚がズレてるなって。

購読者を増やそうと思ったら、そういうことじゃなくて、もっと別の施策が必要だろう。

ユーザーの読みやすさと価格設定の2点だ。

ユーザー視点に立てば、いかに電子版でサクサク見れるようにするのか、アプリ開発に力を入れるべき。

価格設定に関して言えば、一ヶ月980円とかが妥当じゃないだろうか?

この2点を、どこかの新聞社が思い切った改革で断行すれば、そこの一人勝ちだろう。

僕は、新聞を読んだほうが良いと思っている古いタイプの人間だ。

ネットで大体の情報が簡単に得られる時代こそ、あえて新聞を読む(電子版で)ことが大切だ。

ただ、紙を簡単に切れない事情もなんとなくわかる。

それは、そこで働いてる人、印刷する人たちの職を奪ってしまうことになるから。

電子に切り替えると、販売店もいらなくなる。

かなりの人が職を失うだろう。

でも、世の中って変化していくものだから、しょうがない。

時代に適応して生きていくのが人類である。

ハッキリ言って、今時代のニーズにあったことをやればいいだけだ。

それは、なんにも難しいことじゃない。

仕事というのは、ニーズがあるからこそ成り立つものであり、自分の趣味でやるものではないから。

ということで、今日も仕事します!

今日は、ユニコーンの「働く男」をどうぞ♫

f:id:Uribou:20170424003510j:plain

どうも、バック・トゥ・ザ・フューチャーが大好きなうり坊です。

 

ついに手を出してしまいましたよ。

 

デアゴスティーニという名の沼に・・・

 

週刊バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン。

参考:週刊 バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン | シリーズトップ

書店で見つけた創刊号、第2号、つい買ってしまいました。これはもう後には退けないと思い、定期購読をすることを決意致しました。

 

驚くなかれ、なんと全130号。総額23万円以上、完成までに3年弱かかります。

この壮大な物語は無事エンディングを迎えることは出来るのでしょうか!?

完成したらきっと感動するんだろうなぁ。

その感動を皆さんと一緒に共有したいと思います!

 

この記事のシリーズでは、

  • デロリアンが組みあがっていく過程
  • バック・トゥ・ザ・フューチャーの小話

についてを毎週お届けします。

 

毎週ちょっとしか進まないの見るのめんどくさい、っていう方は月ごとにダイジェスト版でデロリアン組み立てをまとめようと思いますのでご安心を。

 

それでは、長い長い物語のはじまりはじまり。

 

  • デロリアン組み立て
  • バック・トゥ・ザ・フューチャーの小話
    • デロリアンの誕生
  • まとめ

デロリアン組み立て

パッケージはこんな感じ。わくわくするだろ?

f:id:Uribou:20170423215531j:plain

 

1/8スケールだから完成品の寸法は以下の通り。

全長:52.7cm

全幅:23.2cm

全高:14.3cm(ドアオープン時:24.5cm)

 

でけぇ・・・

飾れる所ねぇ・・・

 

次引っ越す所はこれを飾っても違和感ないぐらいの広さっていうのが条件の一つに追加されました。

 

中を開くと小冊子がくっついてます。

f:id:Uribou:20170423215554j:plain

組み立て方の解説と映画の裏話みたいなのが全部で12ページぐらい。

 

そして冊子の後ろには!

f:id:Uribou:20170423222352j:plain

記念すべき創刊号にはリアセクション(車のお尻の部分)、ライト(右側)、そしてナンバープレートがついていました。

ナンバープレートは結構うれしいぞ。

 

f:id:Uribou:20170423215415j:plain

ここの部分ですね。

 

早速組み立てます。

車のボディとなる部分は金属でできていて結構ずっしりですね。安っぽくないです。

ネジで固定するのですが、ちゃんとドライバーもついているので自分で用意する道具は一切ありません。

 

そのネジなんですがかなり細かい。

f:id:Uribou:20170423215353j:plain

ちょうどアリと同じサイズ。

 

シールもついていましたがこれもめちゃ小さい。

f:id:Uribou:20170423215331j:plain

小指の爪の先ぐらいですよ。

手先の器用さは多少要求されますね。

 

組み上がったものがこちら。

f:id:Uribou:20170423215443j:plain

f:id:Uribou:20170423215507j:plain

 

大変申し訳ございません。

組み立てるのに夢中で過程の写真を一切撮っておりませんでした。

 

見せ方も下手くそですね。

駆け出しブロガーなので大目に見てください。デロリアンと共に私のレビュー力も成長していけるようにしたいです。

 

初回のパーツはこんな感じでした。

まだこれだけじゃデロリアン感は出てきてないですね。回を追うごとにどんどん形になっていくのが楽しみです。

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーの小話

デロリアンの誕生

タイムマシンと言えば、このデロリアンかのび太の机の引き出しか、ってぐらい有名ですよね。バック・トゥ・ザ・フューチャー パート1の脚本の初期のアイデアではタイムマシンは冷蔵庫のような形状だったみたいです。しかし、時間との戦いとなるフィナーレで装置を動かす必要があったため、そのような形状では限界があると感じ、車にタイムマシンの機能を持たせる案を思いついたそう。

 

いやぁ、車にして良かったですね。デロリアンのカッコよさがこのシリーズの人気の理由の一つであることは間違いないと思うので。

タイムマシンが冷蔵庫みたいだったらもしかしたらB級映画になってたかもしれませんしね。それぐらいデロリアンはこの映画の重要な登場人物?車?だと思っています。

 

 

ご存知かと思いますが、デロリアンはモデルとなる車が存在しています。正式名称「DMC-12」といって、デロリアン・モーター・カンパニーによって1981年に発売開始され、翌年末の倒産によって販売終了となっています。

販売期間短いな・・・ 

 

モデルとする車は最初からずっとDMC-12と決まっていたらしい。

作中のデロリアンのデザインは、当初映画の絵コンテを担当していたアンドリュー・プロバートが行っていて、後にコンセプト・アーティストのロン・コブがチームに加わりあのデロリアンをデザインしました。

プロバートのデザインでは、流線形、近代的、そしてどこか工業製品のような印象でした。しかし、監督が求めたのはもっと危険な香りのするデザインだったようです。タイムマシンを作ったドクはガラクタ置き場や電気屋などから手当たり次第に部品を調達してきたでしょうから。

 

たしかに、手作り感満載ですもんね。逆にそこがいい。

 

プロバートのデザインのうちの1つ。

たしかに、洗練され過ぎているようにも見えますね。これはこれでカッコいいですけど。ドクの作ったものというイメージとしては、ケーブルだらけ配管だらけのデロリアンの方がしっくりきますね。

f:id:Uribou:20170424000433j:plain

 

まとめ

このブログの連載企画として、デロリアンを組み立てていきます。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの小話も織り交ぜていきますので、バック・トゥ・ザ・フューチャーが好きな方はぜひ毎週チェックして見てくださいね。

 

では、笑顔でさらば。

クラシック

2018/01/30

f:id:apricot53:20161117152143j:plain

 

現役なのだろうか?

シブすぎ

 

11月26日(土)発売

蒼樹うめ先生のひだまりスケッチ第9巻購入特典まとめです。

 

作者さまが特典についてツイートしています。

twitter.com

特典紹介が凄くかわいい。

 

アニメイトさま

twitter.com

有償特典はアクリルキーホルダー2種

通常特典はトレカみたいなもの。。?

【コミック】ひだまりスケッチ(9) | アニメイトオンラインショップ

さらにアニメイトでは特定の店舗限定ブロマイドも付くそうです。

twitter.com

 

ゲーマーズさま

www.gamers.co.jp

有償特典はパスケース

通常特典はブロマイドとブックカバー

 

COMICZINさま

twitter.com

ラフスケッチ集

COMIC ZIN -コミック・書籍インフォメーション-

 

とらのあなさま

twitter.com

クリアファイルとイラストカード

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0011/70/71/200011707113.html

 

三洋堂書店さま

twitter.com

 

 

アニメガ・文教堂書店さま

twitter.com

イラストカード

 

喜久屋書店さま、他一部店舗さま

twitter.com

 

メロンブックスさま

ひだまりスケッチ 9(芳文社)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス

イラストカード

 

WonderGOOさま

コミック:特典情報 - WonderGOO

イラストカード

 

さすが、ひだまりスケッチ。特典が豊富すぎてどれも欲しくなってしまう。

ひだまりスケッチ 9巻 (まんがタイムKRコミックス)

ひだまりスケッチ 9巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

家族の風景

2018/01/28

キッチンには ハイライトと
ウィスキーグラス♪

今年は梅雨が少ないらしい。
それは喜ばしい。
水不足になるらしいが、ボルヴィックがあればいいや。

この曲には"風"を感じる、家ん中でカーテンがゆれるような

うし、風を感じるプレイリストを作って散歩しよ。

家族の風景

家族の風景

  • アーティスト: ハナレグミ,永積タカシ
  • 出版社/メーカー: ファイブスターズ
  • 発売日: 2002/10/02
  • メディア: CD
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (44件) を見る


SP水曜劇場 第56回・演劇ソリッドアトラクション「LINXS04」上映&放送終了致しました!
御覧頂いた皆様、本当にありがとうございました!
関西の名物ショーケースイベント「LINXS」の独特の雰囲気と盛り沢山の内容、そして何より監査小劇場の劇団のパワーを少しでも感じて頂けたら幸いです。

12月6日から12日まで再放送(22時〜、土日24時〜、http://kan-geki.com/sp-theatre/)をお送りしますのでまだご覧になっていない方、もう一度ご覧になりたい方は是非!

そして恒例の会場の天劇キネマトロンの入り口のチョークアート・ウェルカムボードはコチラ!


チョークアートNo.47 演劇ソリッドアトラクション「LINXS04」です。
イラストレーターの小田真理さんがフライヤーのイメージをイラスト化して下さいました。 点描のタッチが柔らかく、春っぽいデザインが際立って素敵です♪

こちらのチョークアートを使ったPC用ミニ壁紙を後払いWEBチケット・WEB投げ銭のコンテンツとしてオリジナル壁紙とセットでDLして頂けます。

後払いWEBチケットは一律500円、WEB投げ銭は100円からお好きな売上は金額でお投げ頂けますので、作品がお気に召しましたら是非ともご購入・ご参加ください。
20%の東日本大震災義援金を差し引いた収益を全て作品提供劇団に寄附致します。
詳しい説明とご購入・ご参加はコチラから!→http://bit.ly/IVkN1e

またキネマトロンにご来場の皆様には来場特典としてコンテンツをDLして頂けます。
コチラのアップローダーにアクセスの上、会場でお伝えしたパスワードを全て小文字のローマ字でご入力してダウンロードください。

どなた様も作品がお気に召しましたら是非ともご参加くださいませ!

Tweet

Real Sociedad vs Barcelona Live

https://www.linkedin.com/pulse/live-real-sociedad-vs-barcelona-streaming-sports-live-tv

Raspberry Piといえば、GPIOポートを使って遊ぶことができるので電子工作の学習にも良いことで知られますが、私もRasPiのGPIOで遊びたいなと言う欲求がようやく出てきたので遊んでみました。
参考にしたページはこちら。
https://projects.drogon.net/raspberry-pi/gpio-examples/tux-crossing/gpio-examples-1-a-single-led/
http://elinux.org/RPi_Low-level_peripherals
一番簡単なものでかつ自分の今のところの限界ということで、LEDの点滅に挑戦。材料は3.3VのLED球と、抵抗のみ。抵抗は270Ω〜330Ωとの指定が書かれていますが、手元にちょうどのものがなかったので、470Ωの抵抗を使いました。低すぎるとLEDを壊す可能性がありそうですが、高すぎる分には暗くなるだけのはずなので、大丈夫のはずです(実際大丈夫でした)。
ページの指示通り、まずはなにも制御をしないただの点灯。ちゃんと点きました。白LEDを使ったので、抵抗値が大きいけどむしろまだ眩しいぐらい。推奨値だったらどんな明るさになるのかと。
f:id:Akkiesoft:20130109235918j:image:h400
続けてGPIOでON/OFF制御するほうに挑戦。1番ピンに指していたところを11番ピン(GPIO0)に移動してやります。ちなみに、ジャンパピンを使っているのは、他にそれっぽいのがなかっただけです。それっぽい電子工作グッズもそろそろ多少買い揃えましょうかね……。
f:id:Akkiesoft:20130109235945j:image:w400
で、今回はとりあえずターミナルでコマンドを叩いて制御。

$ ### root権限でやる
$ sudo su -
# ### GPIO0を初期化(ピンのGPIO番号と、OS上のGPIO番号は一致していないらしい) *2013/3/18 typo修正
# echo "17" > /sys/class/gpio/export
# echo "out" > /sys/class/gpio/gpio17/direction
# ### LED点灯
# echo "1" > /sys/class/gpio/gpio17/value
# ### LED消灯
# echo "0" > /sys/class/gpio/gpio17/value
# ### 不要になったらunexportで開放できる
# echo "17" > /sys/class/gpio/unexport

というわけで、GPIO制御でLEDをON/OFFできるようになりました。
f:id:Akkiesoft:20130110000011j:image:w400
シェルスクリプトで何のひねりもなく適当にループ作って実行したものがこちら。

#!/bin/sh
while :
do
  echo "0" > /sys/class/gpio/gpio17/value
  sleep 1
  echo "1" > /sys/class/gpio/gpio17/value
  sleep 1
done


ご覧のとおり白LEDだと非常に明るいので、これを活用して、ゆきちゃんの夜間用ライトとかを作れそうです。LEDの数ももう少しふやしたりできると良さそう。各種言語からのGPIO制御もできるっぽいので、Webで操作とかできるようにするとかもやってみたいところ〜。
というわけで、常設用にもう1機欲しくなりました(ી( ՞ਊ ՞)ʃ)<ちょきんする