漆黒の花嫁衣裳編が終宴…ですね。てっきり、今回のシリーズが最終シリーズだと思っていたのですが…色々と、伏線が増えた気がします。親父殿・舵樹氏用意する明日とは?彼女の心に変化があるなら…また、不知火理事長が絡んでいるということは、フラスコ計画的な『人間の完成』に関係しているように思えますが…???
ジャンプ2012年38号8

多分、月がメインの展開になると思うのですが、次回の冒頭は、きっと、梟博士が、夢の中で語りかけてくる…とかじゃあないか?と思いました。

以下は、だいたい見開きごとに書いている一言感想です。一緒に読めば追って実感できるはずです。

よく考えると、ジャッジもいないから「記憶は完璧」というのが前提なのかな?

…これ、丁寧にやったら、勿論、トレースできるのだろうけど…そこまで根性のある読者はいたのかな???

ふーむ。「ん」の扱いに関しては、確かに気付いてなかった…。これは、気付けた部分かも知れないな…。

「こうさん」か。ルールの中に、敗北の宣言とかあったっけ…?でも、意味の違いとか、そもそも、「しりとり」なんだから、関係ないように思える。

…そんな事実、読んでいて気付く訳がなかった…。なんだこれは…。

…何をどうしたらコントロールできるのだろうか?まぁ、時間を忘れさせる話術があるなら…かな。

…ふーむ。めだかさんが、完璧すぐる感じが…。最強属性だなぁ。

極悪ロリの目にも涙。ふーむ。心の部分か。不知火理事長が絡んでいるということは、フラスコ計画にも関わっている感じもあるけど…???

舵樹さんの用意する明日とは?善吉さんにかけた言葉が、彼女の変化だと思うのだけど…。こんなモノじゃあなかったっけ???

漆黒の花嫁衣裳編が終宴!結局、謎のままの『月』が次の舞台だろうか???跡、鶴喰君は…特に活躍しなかったような!ニエナミさんは…ついて来るのか???ちゃっかり???