知の挑戦

2018/03/02

エドワード・O・ウィルソン、角川書店。いわゆる「理系」と「文系」の知性の統一について述べた本。作者の領域である進化生物学を基準に、ずっしりと切り込んでいく筆は重く鋭い。なかなか難解な問題を扱っているが、全体的なビジョンは明快であり、すっきりとした構造になっている。面白かった。