iPhone を買う前に知っておくべき知識が足りない人が多過ぎるので、ちょっとまとめておこうと思います。
先ずは iPhone は携帯電話です。この事を忘れている人もかなり多いですね。通話はしないから料金は…とか。また、iPhoneはスマートフォンのー商品ですから当然インターネットに繋がります。Wi-Fi のみで使うから料金は…どちらも無駄です。普通の携帯電話とiPod tach にしましょう。
またアップルのウェブサイトでどんな商品か見てみる位はしましょう。バリエーションや色などわざわざ質問する様な事ではありません。料金も同じ事。キャリアのサイトで見て良く分からない事だけ質問すべきです。それも出来ればキャリアに聞くべきです。
さて本題に入りましょう。現在の iPhone はパソコンが無くても利用可能です。しかしパソコンが有ればより便利になります。何故か分かりませんが iPhone から iClood のサイトの利用は制限されていてクラウド上で設定する項目を設定出来ません。ただしウェブで設定するので家族や友人のパソコンを借りて設定する事は可能です。
iPhone に限らず iPad 等でも同じですが、色々なアプリが利用出来ます。これらのアプリを買う事になりますが、たとえ無料のアプリでも買うと言う形になります。この時に使用するのが Apple ID です。
Apple ID は自分が持っているメールアドレスを使用して作成します。キャリアのお店ではまだ Apple ID を持っていないとキャリアメールで勝手に作られてしまう事があるので注意して下さい。後で書きますが使い勝手の良い方法があります。必ず断って自分で取得・設定して下さい。
既に iPod などを利用していて Apple ID をお持ちの方はその ID を使うのが原則です。もし今の ID のメールアドレスを変更したい人は別途やり方を説明する予定ですのでそれを参照して下さい。ちゃんと手順を踏まないとトラブルの元です。
Apple ID を利用してアプリなどを購入しますが、有料アプリの場合その決済方法は二つだけです。クレジットカードを使うか、iTunes カードというプリペイドカードを利用するかです。ひとまずは支払い方法無しのままにしておき、必要時に好きな方で支払う様にすれば良いでしょう。
今 iPod Touch を使用していてそのアプリのデータ等をそのまま iPhone でも使いたい人もいると思います。ちゃんと出来ますから安心して下さい。
ではパソコンをお持ちの方は先ずは iTune の最新版を用意しましょう。アップルのサイトにアクセスしてダウンロードしてインストールして下さい。古いバージョンを使用している方は iTunes からバージョンアップして下さい。
ひとまず準備はこれだけです。お店で iPhone を入手しましょう。基本的な設定はお店で説明を聞きながら行ないましょう。結構メール設定に手こずる人が多い様ですから後でもう一度やる事になっても良い様にしっかり理解しておいて下さい。ソフトバンクは2種類のメールアドレスが貰えます。auは一種類だけですが、2つのメールアプリのどちらで利用するのか選べます。これらの異いをしっかり理解しましょう。
日本ではメールと言うと携帯メールを指すと思っている方が多いでしょう。iモードによってメールが一般的になったので仕方ないのでしょうが世界的には大きく2つ、細かくは3つのメールが有ります。
先ずは携帯電話系の SMS と MMS。SMS は世界的には最も広く普及しています。携帯電話の音声回線を利用して短いメッセージ(日本語で70文字迄)を送れます。相手先は電話番号で指定し、通話扱いとなります。国内宛はー通送信に付き3.14円掛かりますが、キャリアの無料通話がある場合はその中で利用可能です。
MMS は日本の携帯メールとほぼ同じと思って良いでしょう。ただしキャリア独自のシステムでは無く国際標準のシステムです。この為ソフトバンクは対応に約1年、auも3ヶ月程掛かりました。メールアドレスの命名規則に少し制限が有ります。通常気にする必要は無いでしょう。ソフトバンクの場合は @softbank.ne.jp のメールアドレスとなります。この2つのメールは「メッセージ」と言うアプリで扱います。チャットの様な画面で好みが分かれるところです。ちなみに Android ではそれぞれ別のアプリになるそうです。
もう一つのメールがEメールです。こちらはインターネット標準のメールシステムで、当然国際標準に沿っています。俗に言うパソコンメールです。基本的に何処のメールでも利用出来ますから、許可があれば会社のメールも読めます。パソコンの事を考えれば分かる様に基本は自分からメールサーバーに読みに行く形になり携帯メールの様に送り付けてはくれません。ただし一部のメールサーバーは携帯メールの様に送り付けてくれます。ソフトバンクでは @i.softbank.jp のメールアドレスになります。MMSが利用出来なかった時に代替として導入されました。auのメールもEメールとして利用は可能ですが、本来の使い方では無く キャリアメールが MMS として利用出来なかった時の代替処置を未だに使っているだけになります。そう言う意味においては @i.softbank.jp のメールも同様です。個人的には役目を終えたと思っています。携帯メールの様にサーバーにメールが届いた時に表示がありますが、MMS の機能を利用した擬似的なプッシュ型のサービスです。私としては普段は利用せず、会社のメール等でプッシュ型のサービスが無いメールをプッシュ風に使う時用に取っておくと良いでしょう。
さて iPhone を入手出来たら先ずは iClood ID の設定をしましょう。Apple ID を持っていない人はここで取得します。既に Apple ID の有る方は iPhone の「設定」「 iClood 」でそのままApple ID を入力して設定して下さい。新たに取得する人はここで新規取得にして「無料の Apple ID を作成」を選択し、希望するメールアドレスを入力します。このメールアドレスはー生利用する事になりますが、セキュリティを考えるとID専用にして実際にメールで使用するアドレスは別途追加で貰えるアドレスを使用した方が良いでしょう。ですから個人を特定しにくいアドレスが良いでしょう。設定を続けて全ての項目を同期しておくと良いでしょう。
パソコンが有る人はここでパソコンの設定をします。始めて iTunes を使用する方は iTunes を起動したらまず Appストアを開いて Apple ID の設定をします。何か無料のアプリをダウンロードしようとすると Apple ID を要求されるのでそこで入力しても良いかも知れません(実際に試していないので上手く動作するか未確認)。上手くダウンロード出来なかった時はアップストアから Apple ID の設定を確認してみて下さい。何らかの情報が得られる筈です。
古いiPhone等からデータを移行する人はここで古いiPhone をバックアップし、新しい iPhone で復元をして下さい。復元が終ったら「設定」「一般」「情報」でiPhoneの名前を変更して下さい。新旧2台を個別に管理出来る様になります。
ひとまずこれで一段落になります。

追記: Apple ID に使用するメールアドレスの変更方法
以下のウェブサイトからログインして変更したいメールアドレスを追加登録します。追加したメールアドレスの認証が終わればそのメールアドレスを ID に変更する手続きに入れます。ウェブサイトにアクセスしてみればだいたいの手順が判る筈です。
https://appleid.apple.com/